2009.04.08

引っ越しします。

2006年1月22日から始めました
美と出会ひ。美と遊ぶ、
絵は描かない
、ムサビ生の日記
は、幕を閉じます。

2009年4月8日より、
「つくるはみる」「みるはつくる」 
今日は…へ行きました

へ移ります。

|

2009.04.04

アートフェア東京2009

「ざんねん…」

P4031497
アートフェア東京2009

Sさんと100円餃子をつつきながらの感想。

昨年の好景気から一変、アート界もどんよりと停滞した模様。会場にも、まったく覇気がなかった…。

売れてるみたいだけど。


それでも、「欲しいな」と思う作品がひとつ見つけられたのでいいか…。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2009.03.29

花見

春めく井の頭公園で花見。

いろいろ持ち寄り、いろんな人があらわれる。

P506ic0354025486 P506ic0354091157

だんご、キッシュ、くじらの竜田揚げ、海老フライ、クッキー、アメリカンドック、ホットケーキ、おにぎり、ミートパイ、チョコパン…。

たらふく食べた後、ひさかたぶりにドッチボール、バレー、おおなわをした。

そしてまた食べる。


Rimg0473 Rimg0486 Rimg0478

カメラ貸し出し、Yさん。サンキュー!

| | コメント (0)

2009.03.27

美術教育のつぎの一手

26日

うらわ美術館で開催されている、「美術教育innovation アートの力∞学校の力 図画工作・美術なんでも展覧会2009」をみにゆく。搬入のときはゆっくりみられなかったので、2時間ほどかけてまわる。


P3261468 P3261471 P3261472


全国の、幼稚園から大学に至るまでの美術教育の実践がつながる。学校を通過した後、どうやって美術、芸術文化と関わってゆくことができるようになるか。美術教育が未来につながるためには、きちんと学校で美術を通した学びの経験が残らないといけない。その手だてを考えるための展覧会。

いまの学校教育の要素である「生涯に亘って学習をつづける力」(学校教育法30、48、52条)を美術教育がどのようにして担い、培ってゆけるのか。美術で教育に関わる者自身が、ひとりひとり真摯に、自らの状況に照らし合わせて考え、行動してゆかないと、

「そういえば、昔、美術って科目があったんだよ」

という時代が来てしまう。恐ろしいけど…。


“なんで、教育の中で美術、造形活動が必要なのか?”

美術教育というメディア自体が、強靭で実に多種多様に作用することを踏まえ、美術で教育に携わる者が、この普遍かつ根本的な問いを常に頭においておかないと、美術至上主義に陥り、美術の押し売りになってしまう。大切なのは、ひとりでも多くの人に、「美術のフィルターや視点からも世界をみることができる」ということを気付いてもらうことなのかもしれない。

肩肘をはらずに、美術がもっている力をつぶやいてゆこうと思った。


» 続きを読む

| | コメント (0)

2009.03.25

Jim Lambie: Unknown Pleasures

25日

夜間開館日。雨がしとしと降る中、夜の原美術館へ。

P3251467

ゆるやかな孤を描いた白と黒のストライプが床に現出する。
“わたしいまめまいしたわ”状態に。
屈折して真っ暗な窓に映るうねうねした白と黒は、いっそうめまいを誘う。


会期は延長で、5月10日まで。

| | コメント (0)

2009.03.24

卒業してしまいました。

長かったようで、短い4年間が終わった。

いっぱい授業に出て、いっぱい展覧会に行って、いっぱい飲んで食べた4年間だった。
P3191320 P3191324 P3191363

卒業式の日は謝恩会、翌日は追いコン、その次は教職飲み会、あいだ一日おいてまた違う教職飲み会、と飲んでばかり。

まだまだ今週は3本飲み会の予定。どんどん野口さんが飛んでゆく…。


はやく来い、定額給付金!

| | コメント (0)

2009.03.22

都市へ仕掛ける建築 D&Dの試み

22日

展覧会最終日。オペラシティーの「都市へ仕掛ける建築 D&Dの試み」をみにゆく。

ある建築、それ自身で自立しているのではなく、その都市の環境の上に存在する。
細微にこだわり、俯瞰的に建築をプロジェクトとして成立させる。

つぎの旅行はスイスかな、と思った。また貯金しないと。

そして、静かに「収蔵品展28 難波田龍起・難波田史男」をみる。


日本の都市は、D&Dのようにしてつくられちゃいないけど、それはそれでいいような気がする。
P506ic0353959950

| | コメント (0)

2009.03.18

春旅、ロンドン

10日から17日まで、ふらっとロンドンにひとりで遠足。
行きと帰りのチケット、初日の宿泊先を予約しただけの、きわめてテキトーなプランで出発。いろんな人に会い、助けられたエキサイティングな旅だった。

午前10時の帰国後、いったん自宅に戻り、うらわ美術館へ。18日からスタートする「美術教育 innovation アートの力∞学校の力 -図画工作・美術なんでも展覧会2009-」の搬入展示を手伝いに行く。
P3170013 P3170012
この春休みに参加していた「旅するムサビプロジェクト」の展示作業をしたり、中学校に机とイスを借りに行ったり、高いところへのぼったり。


23時過ぎに帰宅。今回は、ヒースロー空港でシェークスピアマグを買った。やっぱり欧米系はマグがデカイ。
P3180016


| | コメント (0)

2009.03.05

春旅、台北3日目

5日

台北ラストの日。

8:00
P3040205 P3040206 P3040209 P3040220
朝食を食べずに,ホテルを出て一路,龍山寺。東京で言うところの浅草寺にあたるような,下町のお寺。豪奢で絢爛に装飾された鮮やかな建物に,不思議なお供えやキャラクターに驚く。朝のおつとめの読経が,まるで合唱のようだった。神樣と仏樣がいっぺんに拝める,なんとも合理的なお寺。朝からスゴい迫力。日本のお寺の,静寂さは、ここには全くない。テーマパークのようだった。

寺を出たところで,なにやらおっさん2人が,水をかけあって痴話ゲンカをしていた(笑)。
P3040243_2

9:35
P3040250
台湾手工藝業中華工藝館でおみやげを買う。台湾茶の茶器セットをつい買っちゃった…。

10:00
鼎泰豊】で朝と昼をかねて早めの昼食。
きゃべつの浅漬け,小龍包×2,海老ワンタン,
P3040263 P3040265 P3040268 P3040266

油あげと湯葉巻き春雨スープ,海老蒸し餃子,餡小龍包を食べる。
P3040267_3 P3040271 P3040278


免税店に寄らされ,一路,台湾桃園国際空港へ。
車内で,来る時もガイドしてくれた李さんから,八田與一という台湾でその生涯を終えた日本人の話を聞く。いくら遊びに台湾に来たとはいえ,こういう大事なことは知っておかないといけないと思った。高速の車窓をみながら,この人が生きた時代は決して過去のことではないなぁと感じた。「やっぱり、無知は恥なり」


空港で何枚かはがきを書いて,いざ東京へ。
P3040333 P3040325

15:10
搭乗手続きを済ませ,小銭を片付けるために故宮ミュージアムショップの支店で小物を買う。帰りの機内食,まあまあだった。チキンのトマト煮,レタスとハム,りんごとオレンジ,ゆずゼリーと抹茶のケーキ,パン,白ワイン。
P3040354 P3040357 P3040362

21:30
上野駅に到着。ここからはバスで家路へ。
P3040367


| | コメント (0)

春旅、台北2日目

4日

6:30
起床。シャワーで何とか起きる。

7:00
P3030757
朝食。完全に熱海の朝食ビュッフェ。ただ、一部異国であるものも。やはりソーセージは日本と違う。

8:00
P3030779 P3030790
タクシーで双連駅へ向かう。ビュンビュン飛ばす。切符を買う。ICコイン切符なので、入る時は改札にかざし、出る時はチャリンと改札に入れる。國立故宮博物院の玄関駅、士林駅に到着。バスに乗ろうとしたけど、いまいちよく分からなかったので、タクシーに。

9:00
P3030792 P3030793 P3030809 P3030829
國立故宮博物院到着。ロビーは大挙して押し寄せる観光バスに乗ったおっちゃんやおばちゃんで溢れ返っていた。中国人だろうが、日本人だろうが韓国人だろうが、50歳を過ぎるとどの国の人も、ある種同じオーラを放つ。人生の酸いも甘いもを経ると、もう何でもあり。彼/彼女たちのパワーに押される。あっちでもこっちでもギャラリートークをしている。《毛公鼎》を前に、英語の解説をしていた。鑑賞と言うよりかは、見学。英語圏観光客向けの英語のガイドツアーもあった。記念スタンプにもスゴい勢いで熟年さんが群がる。各展示室にいる保安員が、みな〈撮影禁止〉と〈静かに〉のピクトグラムが描かれた札をもって立っていた。たとえ言葉が通じなくても、それを注意する時に使えば一発でそちらの意図が伝わる。サッカーの審判のよう。

やはり、深くて厚い歴史のある品が多く、その存在感に圧倒される。また、ライティングの照度や絵の掛け方など展示デザインも秀逸。近代作家の幅のあるすっきりとした青がきりっとした美しさの汝窯の青磁。名物《翠玉白菜》《肉形石》もきらきらと光に照らされ、ドーンと鎮座していた。書画もどれをとっても圧倒的な迫力があった。

11:00
P3030830 P3030832 P3030842
昼は、オサレな空間デザインの4F【三希堂】で。小龍包、赤豆飯小龍包、海老蒸餃子、パオズ、白菜ちまきなどを食べる。食後はそれぞれミュージアムショップへ。

12:30
P3030850
自分の専攻、4月からの立場を告げ、こども向けの児童學藝中心を少し見学させてもらう。韓国の国立博物館と同様、体験型のハンズオン展示。漢字スタンプを押して漢詩をつくるハンズオンをして、スタッフの人からワークシートのおみやげをもらう。

13:00
P3030868 P3030875
故宮をあとにし、林士駅へ。駅の少し前で降りたので、ちょっと小道へ。原宿にありそうな店で一息。チョコレートミルクティー(巧克力奶茶)を頼む。Mサイズ、30元。

林士駅から圓山駅へ移動。
P3030008 P3030905 P3030906
ここで他の二人と別れ、Mさんと台北市立美術館へ。府中の森の様な景色がみえる圓山駅が最寄り駅。広い公園の中に文化施設が点在する様子は、そっくり。ボコボコとキューブが突き出した台北市立美術館は、その規模とポジション的に都現美に相当するような感じ。吹き抜けのエントランス、展示室のつくりなどは、60-70年代に建てられた地方都市の県立美術館のような様相。平日なので,学校受け入れのギャラリートークがあっちこちで行われていた。また、台湾の美大生らしき学生が熱心にメモをとっていた。

P3030909 P3030912 P3030914
1F、台湾と日本の若手世代による映像の展覧会「激情心霊 Mind as Passion」
日本人は、「エモーショナル・ドローイング」出品していた辻直之や、松本力、小瀬村眞美、南隆雄など。都現美と写美で行われる幾つかの展覧会をミックスしたような感じだった。

2F、台北市立美術館25周年記念展「Jewels of 25 years museum collection」
東近美と京近美の常設展示をみているようだった。梅原龍三郎,前田青邨、菱田春草,高村光太郎,竹内栖鳳,山口華楊、橋本関雪,都路華香などと言われても区別するのが難しいくらい似ている作品が並ぶ。東アジア圏へ波及的に西洋の文化が流れることで,少しずつ伝統への革新や葛藤が生まれ,少しずつ作品へのスタイルが変わってゆく。

3F、台湾版森村世代展「Madden Reality 後台北畫派Post-Taipei Art Group」
50-60's生まれの作家の展示。どこかでみたような…。日本や韓国などでもこのテイストの作家がみられる。

3F、台湾の大御所写真家の回顧展「Lee Ming-tiao Photography Retrospective」
アラーキー、森山大道,篠山紀信、木村伊衛兵。これらの人を足して4で割った様な感じ。時代によってスタイルが変化してゆく。

B1F、台北版ワンダーシード「台北美術奨'08 Taipei Art Awards」
どの作品もエネルギーがあって、素直に、単純に面白かった。日本のワンダーシードのアーティストが、自己に酔い、作品に多くを詰め込み過ぎてそれに溺れている状況がままみられるのに対し、根源的な作品づくりへの意欲や熱望がふつふつと湧いてきて“つくってしまった”という状況で作品をつくっているような気がした。

P3030006 P3030007
ささっとカタログを漁り,つぎへ移動。きょうは、スクールプログラムで,ガッコウ丸ごと移動で美術館で授業をしていた。それぞれの学年にあわせて座ったり,寝転がったりして作品をみていた。企画展にあわせたキッズ向けブックもつくられていた。


15:30
P3030012 P3030016
圓山駅から中山駅まで移動。中山駅の地下道では,台北版ワンダーウォールをやっていた。KさんとTくんと台北當代藝術館で待合せ。中山駅を出て、すぐ目の前にある三越を目印にして渡り、路地へと入ってゆく。行けども行けども藝術館が見つからない。どうやら2004年版の地図だったので、本館の反対側に別館があることに気付かなかった。目標にしていたのは別館だった…。通りすがりのおっちゃんに道を聞いたら藝術館の場所が分からず、またまた通りすがりのおねえさんに聞いたら食事処の注文票の裏に地図をかいてくれた。その通りに進んだらまた道に迷う。かいてくれた地図が誤っていた…。

16:20
P3030024
すったもんだの末にようやく到着。横浜の煉瓦倉庫や近美の工芸館のような佇まい。日本占領下の建築スタイルの台北當代藝術館は、日本でいう東近美と国立国際のような性質をもつ。

P3030027 P3030029
映像メディア、インスタレーション系の、しっかりとした展示。日本のこの系統の展示より、よっぽど見せ方がうまく面白いと思った。

P3030042 P3030054 P3030055
P3030058 P3030062
日本の美大にはびこる、「なんとなくつくっちゃいました。とりあえずみて下さい」というようなスタイルの作品はみられず、骨のある作品が多い。今まで全く知らなかった台湾美術の面白さを知る。

P3030083 P3030090
(たぶん,孫の作品を撮りにきたおばあちゃん)
また、教育普及関連のイヴェントや講座もたくさんあり、こどもから大人まで多くの人に文化を広げ,知る場たり得る場を提供するこのミュージアムの姿勢が,よく分かった。

P3030093 P3030094
いろいろ企画があるらしい。さっぱり読めんけど…。

故宮での観覧が,ほとんど複製された写真のイメージの再確認だったのに対し,市美と當代館での観覧が不意によきものに出会った時間になった。

18:00
P3030098
Mcで一息。Sソフト,15元。

» 続きを読む

| | コメント (0)

春旅、台北1日目

3日

P3020673
2週間前に思いついた台北遠足。20:00発のエバー航空に乗り、いざ台北へ。

P3020676 P3020700
夕食がけっこう美味しかった。白身と海老のトマトクリーム煮、そば・うどん、リンゴ・オレンジ、苺ースケーキ、キリンビール。

P3020684_2 P3020688
ハラゴシラエがすんだら、こども向けの〈非常有藝思 Have Fun with Art〉を見入る。モネについての番組。字幕も中国語なのできちんと理解はできなかったけど、印象派とデジカメ写真についての分かりやすい解説。

P3030702 P3030709
あっと言う間に台北、桃園国際空港に到着。東京が5時のとき、台北は4時。あいのりで、市内へ。ガイドのおじさんの台北事情、小咄。2009年は、民國98年にあたり、賞味期限などは「民國98年3月10日」と表示される。へー。そして、レシートが統一発票という抽選券となっていて、2ヶ月に一回抽選がある。そして、台湾の首都は正式には南京であることを知る。ニュースでは、中国に配慮して、「台湾最大の首都である台北」ということがあるそうな。知らないことばっか…。

P3030720 P3030726 P3030734 P3030744
そしてホテルに到着。韓国のときより少しグレードアップした熱海の観光ホテル仕様。荷物をおいて早速外へ。露天で、ワンタンスープ、ピーナッツペーストのような味がするジャージャー麺のようなもの、青菜炒め、たまごと豆腐のみそ汁などを4人でいろいろ頼んでつつく。ごはんものも食べてみようと、また別の店に入る。てんこ盛りのご飯プレート。ガツンと色んな肉がのっていた。詰め物形は、どれも香辛料がスゴい効く。

P3030733 P3030755 P3030756
ファミリーマート(全家)とセブンイレブンによって、アルコールを買う。3個で55元のプリンに箸が付く。つい買ってしまう…。プリンとビール。けっきょく寝入ることには4時をまわっていた。

| | コメント (0)

2009.03.04

春旅、台北

ちょうど22時、2泊3日台北遠足から帰宅。


P3040372
とりあえず、スタバで買ったマグカップで一息。店頭に並んだ最後の一個を、台湾$280でゲット。

旅の所感は、追々。

| | コメント (0)

2009.02.27

第3回 shiseido art egg

26日

バイトを終え、しとしと雨の降るギンザへ。

資生堂ギャラリーで「佐々木加奈子展 オキナワ アーク」をみる。

ボリビアにある沖縄村、ということ自体に素直に驚き。そこは、イメージの中にある沖縄であるのだが、実はそうではない、ほんとうの異国の沖縄。そこでの不思議な日々がゆらゆらとたゆたうかのごとく流れる。この映像が60年も前のできごとが発端になっているとは。

| | コメント (0)

2009.02.26

ファイン系の卒展

25日
きょうは、Sさんと卒展系をまわった。

13:00
P2250519
東京国立博物館で待ち合わせ。「妙心寺開山無相大師650年遠諱記念 妙心寺展」をみる。お目当ての山楽の“虎”《龍虎図屏風》が展示替えでおらず…。

14:20
東京都美術館へ。「もの語る」と「芸大卒展」をさらっとみる。ことしのムサビの院展は、テーマをもうけたセクションごとの展示だった。しかし、壁の汚さとあのえんじ色の床が強烈な個性を放っている都美では、キュレーションがいまいち引き立たない気がした。作品と対峙するとき、作品だけでなく展示空間全体で作品をみていることに改めて気付く。会場で、ちょこちょこ色んな人にばったり。

P2250535
上野駅に向かう途中、おばさまたちが大道芸に群がっていた。

16:00
メトロに乗り国立新美術館へ。
「東京五美術大学連合卒業・修了制作展」をみる。卒展とは違った作品を出している人も多い。また、展示スペースが限られているので、インスタレーションや一部屋丸ごと使っていた人は部分的な展示になるため、少しもったいない。けど、都美とは違い、ホワイトキューブでの展示なので、かなり見やすい。ホワイトキューブに慣れ過ぎたのか。

どうして造形はあんなに所狭しと作品を並べたのだろう。スゴい量だった。
そして、Sさんと「どうして未だにファイン系だけの展示なのか」と腑に落ちない疑問に至る。展示者をあの半分以下まで選抜し、残りを建築とか工芸とかデザインとか、論文とかまで展示すりゃあいいのに。いろいろ大人の事情があるにせよ。同じように高い学費を払ってるんだから。展示に堪え得るレヴェルまで達していない人が少なからずいたような気がする…。

P2250571
「アーティストファイル2009」の準備?

18:00
P2250572
卒業式の準備品を買って、ミッドタウンでバーガーで一息。

| | コメント (0)

2009.02.23

きょうも午前様

22日
きょうも朝から「第4回美術鑑賞教育フォーラム」に参加。

きのう、かなり飲んだので、少し気がとぶ…。


P2220507
昼休憩がたっぷりあり、ハンバーガーが無性に食べたくなったので六本木まで歩いた。【佐世保バーガー】でアボカドバーガー。

午後は、アメリア・アレナスによる講演とギャラリートーク。「教育」がどれだけ制度的なものであるかからはじまり、対話型鑑賞の要点の整理、実践での注意点などが語られた。聞いててはじめてしったが、彼女には孫がいた…。

そのご、スライドを使って来場者とギャラリートーク。300人ほど会場にいたので、やや散漫な結果になったのが正直な感想。質問コーナーでは、対話型鑑賞における注意点などについての質問がよせられた。けれど、その質問の内容を聞いていると、その人がどれだけ対話型鑑賞に関して興味や関心があり、どれだけ研究しているかがよく分かった。いくら対話型鑑賞が美術教育の中でトピックになっているとはいえ、その認知度や関心度は個々それぞれであることが如実に伝わってきた。対話型鑑賞を、誰のものでもない自分のメソッドとして昇華しなければ、本来この鑑賞法が目指しているものを得られるはずがないのは自明なことであることを実感。

近年、興隆し、盛り上がった鑑賞教育をどう指向するべきか。このフォーラムでは現場の先生による実践報告、美術館での取り組み、大学での研究などの紹介が行われた。「鑑賞」が美術教育の中で大きく語られるきっかけの一つになったのは、平成10年の学習指導要領改訂に伴い、「美術館の利用」ということばだった。先の20年の改訂では、「美術館との連携」ということばになることで、学校と美術館が協力してこどもの教育に携わることがうたわれている。しかし、中学校では選択授業が削減された。小学校での英語の新設、総合的な学習の削減、英国数理社体などの授業時数増の一方で、いちおう現状維持の授業時数に留まった小中高での図画工作美術の時間は、相変わらず危機的状況である(時間配分が同等で、表現と鑑賞の領域や目標が極めて似ている音楽も同じ状況。今後、音楽とどうやって連携するかも考える時期にきている気がするのは自分だけ?)。

図画工作・美術の授業が、如何にしてこどもたちの健全な育成に有益であるのか。そのことをより広く理解してもらうためには、日頃の学校での授業や美術館での活動が、深く豊かにならないといけない。日頃から問題意識をもって美術教育に取り組んでいる全国の幼小中高の先生、それらの先生を育てる大学の先生、学芸員、学生が一堂に介すことで、同僚や仲間の少ない美術関係者の情報が共有されたと思う。けれど、ここに「来たかったけれど何らかの理由で来られなかった人」は別として、そもそもこのフォーラムを知らずに、何の研究もせずに非生産的に授業をこなしているだけの美術教員が少なからずいる事実を重く受け止めないといけないと感じた。

これから美術教育に携わる者として、自戒をこめて。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«新しいキュレーション、開く鑑賞教育